市場からお茶を仕入れることができる茶商ならではのお茶に関するブログです。

市場からお茶を仕入れることができる茶商ならではのお茶に関するブログです。

カテゴリ: おしらせ

イメージ当ホームページのオンラインショッピングで、会員様限定のポイントサービスをスタートします。お買い物ごとにポイントが貯まり、貯まったポイントは次回のお買い物の割引としてご利用いただけます。ぜひポイントを貯めて、美味しくてお得なお茶ライフを楽しんでください。


■ポイント制について



ポイントの獲得

ご注文商品の価格(税込)100円に対して3ポイントを発行いたします。(端数は切り捨てですのでご了承ください。)1ポイント=1円で、次回以降のご注文の合計金額の支払いに当てることができます。
・送料や手数料にポイントを利用することはできません。


ポイント利用時のポイント発行

ポイントをご利用時は、ポイント割引適用後のご注文の合計金額(税込)に対してさらにポイントを発行いたします。


ログインポイントの確認方法

オンラインショッピングのページから「会員・初めての方」欄にご登録時のIDとパスワードを入力しログイン後、会員メニューを表示すると、現在のポイント数をご確認いただけます。
<会員メニュー画面例>
会員用メニュー
     ↑クリックで拡大表示します


ポイントの期限

ポイントの有効期限は【最終購入日より2年間】です。
有効期間が過ぎた場合、未使用のポイントは【無効】となり、使用できなくなります。

鹿児島発!民間主導型地域活性化プロジェクト
仙巌園プレミアムツアー

第一弾スイーツ『薩摩恋し(さつまこいし)』発売のお知らせ

薩摩恋し(さつまこいし)
商品名:薩摩恋し(さつまこいし)

【開発コンセプト】
「緑茶(特に新茶)の甘さを引き立てるほろ苦さが特長」
「小石のような存在でも力強く、社会の礎となる薩摩の魂」
「鹿児島に恋する魅力的なスイーツになって欲しい」


 鹿児島発の地域活性化を目指す“斉彬2.0プロジェクト(各社合同)”は、ツアー開発商品として、第一弾スイーツ「薩摩恋し(名称:さつまこいし)」を、鹿児島を代表する洋菓子店「パティースリーヤナギムラ(代表取締役・オーナーシェフ 柳村豊仁)」と共同で開発し、2010年2月18日(木)より、仙巌園並びに鹿児島中央駅を含むヤナギムラ各店にて発売することとなりました。

 このスイーツは、仙巌園で行われている仙巌園プレミアムツアーの参加者への試食、アンケートに基づき、商品の改良が行われ、テストマーケティングされた後、「地元の特産物を生かした新しいスイーツ」として開発されたものです。

 原材料として、プレミアムツアーに協賛している池田製茶株式会社の「べにふうき」緑茶の粉末を用い、鹿児島のテイストを生かしたスイーツとして、パティースリーヤナギムラが商品として形にしました。

 仙巌園プレミアムツアーでは、約2時間半をかけて、鹿児島や仙巌園、尚古集成館を舞台とした様々な歴史を展示物について、ガイドが園内を巡りながら案内し、日本に近代産業をもたらした役割や影響などを伝えるツアーを実施しています。

 ツアーの説明には、歴史にまつわる鹿児島の名産品や産業、商品などの紹介を織り交ぜ、自然な形で商品告知ができるような工夫がされております。
 また、ツアー専用の限定スイーツ開発や、観光客による投票を行うことで発売を決定する仕組みを備え、地元企業が「感度の高い観光客」からの貴重な意見を商品開発やテストマーケティングに活用し、県外においても競争力ある商品開発にツアーを役立てております。

 なお、このスイーツの売上の一部は、地元への還元として、ツアーガイドの育成や産学連携プロジェクトの基金として活用される予定です。


<商品概要>
商品名 :「薩摩恋し」 (読み方:さつまこいし)
特長 :「苦さ」を味わう新しいスイーツ。特に甘い新茶を引き立てるお茶受けに
工夫 :べにふうき緑茶粉末を用いたチョコクランチ。
販売価格 :1箱(8個入) 750円(税抜き)
発売元 :パティースリーヤナギムラ
認定 :ツアー開発商品として、斉彬2.0プロジェクトが認定

<日本茶鑑定士 池田研太(池田製茶株式会社)の商品へのコメント>

鹿児島でとれるお茶の品種「べにふうき」は、メチル化カテキンを多く含む品種として近年話題となっている。品種「べにふうき」は、そもそも紅茶系の品種で、飲むとつよいしぶみ・にがみを感じる。「苦さ」を味わうスイーツにはピッタリのお茶である。

<パティースリーヤナギムラとは>

鹿児島にある人気の洋菓子店。地元鹿児島の“さつまいも”を生かした「薩摩チョコチップス」では、平成21年度鹿児島県新加工食品コンクールでさつまいも加工食品部門最優秀賞を受賞するなど注目されている。

<池田製茶とは>

全国第二位の生産量を誇るかごしま茶。多種多様なお茶の品種を栽培できる鹿児島にて、お茶の精選仕上げ・販売をおこなう茶問屋。和カフェ桜の詩を天文館本店に併設し、お客様と対話のできるカフェスタイルをオープン。かごしま茶のアンテナショップとして県内はもとより県外から来られるお客様よりお寄せいただいた声を基に商品開発に取り組んでいる。

<斉彬2.0プロジェクト>

斉彬2.0プロジェクト斉彬2.0プロジェクトとは、仙巌園で島津斉彬が始めた集成館事業に習い、次の世代を担う“人づくり”と“ものづくり”を。ここ鹿児島の地から発信し、育成しようとするプロジェクトです。



【斉彬2.0プロジェクトの全体像】
斉彬2.0プロジェクトの目指すもの(全体図)

鹿児島大学かごしまルネッサンスアカデミー<発案・全体企画>
株式会社CANGOXINA<事業モデル組成>
仙巌園(株式会社島津興業)<フィールド提供>
アイエス通訳システムズ<ツアー企画運用・ガイド養成>
株式会社味香り戦略研究所<マーケティング・商品開発>

表彰式1年に1度行なわれる「第55回 全国茶審査技術競技大会」が9月28日(日)三重県で開催されました。
「全国茶審査技術競技大会」とは、味・かおり・見た目・手ざわりの感覚を研ぎ澄まし、お茶の「品種」・「茶期」・「産地」を判別し、お茶屋としての審査の技術をきそう競技会です。
各地で選抜された茶ききのプロ達が自分の審査技術をもって「日本一」をあらそいます。
各府県、持ち回りで本大会を開催していますが、三重県は今回初の本大会の主催でした。
本大会の開催・運営はスムーズで、会場の設営など細部まで段取りが行き届いており、初めてとは思えないほど立派な大会でありました。
大会が終わった後、宿泊先の「長島温泉」の温泉は最高でしたよ。


認定証わたくし、池田研太も参加いたしました。個人戦14位で、10位入賞まで一歩及ばず昨年より順位は悪かったですが、審査技術の段位「7段」に昇段することが出来ました。

現在の最高位「10段」にあと3段位。。。よりいっそう日々の仕事に取り組みまた来年につなげたいと思います。

団体戦 [優勝]静岡市、[準優勝]静岡県、[第3位]京都、鹿児島は第6位でした。


山口真也氏個人戦にて 優勝「日本一」に輝いた(株)星野製茶園 山口真也氏(福岡県 八女)
八女の中でも品質の良い「玉露」・「かぶせ茶」・「煎茶」のとれる茶産地「星野村」に店舗を構えていらっしゃいます。
昨年、初出場ながら準優勝し、本年は念願の優勝を果たしました。
茶ききのプロ達がおおぜい出場する中、2度目にて優勝することはとてもすごいことです。
お茶に関して人一倍、熱心で、お会いする機会も多いのですが、とても刺激される存在で、今からの茶業界を背負っていく方です。
本当におめでとうございました。

誠に勝手ながら、8月13日から17日まで、お盆休みをいただきます。
そのため、期間中にご注文いただいた件につきましては、8月18日以降のご連絡となります。大変ご迷惑をおかけいたします。
皆様におかれましても、心穏やかなお盆になられますよう、心よりお祈り申し上げます。

このページのトップヘ

池田製茶株式会社

http://www.seicha.net/携帯・スマートフォン対応

池田製茶オンラインショップは、
携帯電話・スマートフォンからもご利用いただけます。
http://www.seicha.net/