梅雨バテは免疫力UPの氷出し緑茶で解消しましょう!

朝から体が重い、気分が落ち込んでイライラする・・という方、疲労を感じやすいのは「梅雨」のせいかもしれません。“梅雨バテ”“梅雨だる”という言葉で表されたりしますが、梅雨の時期特有の気圧の変化で自律神経の働きが乱れ、心身に様々な不調を招いてしまうそうです。
その解消法の一つにおすすめなのが氷出し緑茶。緑茶は冷水など低温で淹れると、免疫力アップ効果の高い成分「エピガロカテキン」が抽出されます。渋みが少なくスッキリまろやかな味わいで、気分がイマイチの時も美味しく飲めます。より低温抽出が効果的なので、今回は「水出し」ではなく「氷出し」をお試しください。
※当店のお茶(煎茶・深蒸し茶・玉露・ほうじ茶・紅茶など)はすべて水出し・氷出しで美味しくお飲みいただけます。



氷出し緑茶の淹れ方

氷が溶けた冷水で抽出するので、渋みや苦みが抑えられ、濃厚で凝縮された甘みや旨みが楽しめます。
抽出時間をじっくり待つことが美味しさのポイント。
冷水抽出はカフェインが激減するので、寝る前の1杯も睡眠中の熱中症対策におすすめです。

氷出し緑茶の淹れ方01

1. 茶葉7〜8gをフィルターインボトルに入れます。



氷出し緑茶の淹れ方02

茶葉は専用スプーン半分くらいが目安です。



氷出し緑茶の淹れ方03

2. ボトルいっぱいに氷を入れ、常温で3〜4時間待ちます。



氷出し緑茶の淹れ方04

3. 氷がすべて溶けて茶葉が開いたら飲みごろです。



氷出し緑茶の淹れ方05

4. ボトルを回すように揺らして濃さを均一にし、グラスに注ぎます。