新茶の美味しい淹れ方は“やや多め”がポイントです

にがみ・しぶみが少なく、フレッシュなかおりと、
まろやかなあまみが新茶の特徴です。
この時期しかない旬の味を堪能するために、
新茶ならではの淹れ方を意識してみませんか。

いつも通りの淹れ方でも十分美味しくいただけますが、
よりうまみを感じるポイントは茶葉の量と抽出時間です。
どちらも通常より“やや多め(長め)”にすることで、
コクが増し豊かな風味を楽しめます。
新茶の青々しさを存分に味わいたい方に特におすすめの淹れ方なので、
ぜひお試しください。



新茶の美味しい淹れ方

新茶の美味しい淹れ方01

1. ポットのお湯(約100cc)を湯呑みに入れ、70〜80度位(手に持って少し熱い程度)まで冷まします。



新茶の美味しい淹れ方02

2. 急須に茶葉を入れます。
通常の目安は1人分3g(ティースプーン1杯)ですが、新茶は少し多めに入れてください。



新茶の美味しい淹れ方03

3. 冷ました湯呑みのお湯を急須に注ぎます。
ふたをして、しっかり味を出すために抽出時間は少し長め(約1分)にしてください。



新茶の美味しい淹れ方04

4. 少しずつ湯呑みに注ぎ分けます。
味や濃さが均一になるように交互に注ぎ分け、2煎目も美味しくいただくために最後の一滴まで出しきります。



新茶の美味しい淹れ方05

5. 色・味・香りすべて良し!の美味しい新茶が入りました♪