人気の「ほうじ茶」を美味しく淹れてみませんか

香ばしい味わいが人気のほうじ茶。カフェインも少なくリラックス効果が期待できるほか、疲労回復の作用もあるとしてブームになっています。
そこで、今回はほうじ茶の美味しい淹れ方をご紹介。
ポイントは熱湯(95度程度)を使うことです。煎茶のように湯冷ましの必要がなく、ポットのお湯がすぐに使えるので時短になります♪
冬は体が温まるのでホットで飲みたくなりますが、冷茶も爽やか風味でさっぱりいただけるのでおすすめです。



「ほうじ茶」の美味しい淹れ方

「ほうじ茶」の美味しい淹れ方1

1. 急須に茶葉を入れます。
茶葉の目安は2人分で小さじ山盛り2杯です。
※ほうじ茶は緑茶より少し多めに入れるのがコツ。



「ほうじ茶」の美味しい淹れ方2

2. ポットのお湯(2人分で300cc)を直接急須に注ぎます。
そのままふたをして30秒抽出します。



「ほうじ茶」の美味しい淹れ方3

3. 味や濃さが均一になるように、交互に少しずつ湯飲みに注ぎ分けます。
最後の一滴まで出しきりましょう。



「ほうじ茶」の美味しい淹れ方4

4. 香ばしくやさしい味わいをお楽しみください。



「ほうじ茶」の美味しい淹れ方5

レモンスライスを入れると酸味がプラスされて、すっきりした飲み心地になります。




「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方

「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方1

1. 急須に茶葉を入れます。
茶葉の目安は2人分で小さじ山盛り2杯です。
※ほうじ茶は緑茶より少し多めに入れるのがコツ。



「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方2

2. ポットのお湯(2人分で150cc)を直接急須に注ぎます。
そのままふたをして30秒抽出します。
※冷茶で飲む場合は濃い目に抽出するため湯量を少なくします。



「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方3

3. 氷を入れたグラスを用意し、味や濃さが均一になるように、交互に少しずつ注ぎます。
最後の一滴まで出しきりましょう。



「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方4

4. 香ばしくすっきりした渋みをお楽しみください。



「ほうじ茶」の美味しい冷茶の淹れ方5

レモンは冷茶にもぴったりで見た目もおしゃれ♪
甘くしたいときはハチミツを足してもgood!




ほうじ茶イメージ●ほうじ茶
450円(税込486円)
内容量:鹿児島県産150g