抹茶クリームプリン

当ブログで紹介している、お茶スイーツ&ドリンクの簡単レシピ。
「すぐ作れて、友達にも美味しいと好評でした」と
お客様から嬉しい声をいただいております。
今回もびっくりするくらい簡単にプリンが作れますよ♪
なめらか〜な舌触りで、抹茶を使うので味に深みが出て
何個でも食べたくなります。
今回は当店で扱う3種類の抹茶を使用。
それぞれ個性的な味が楽しめるので、
好きな抹茶プリン味を見つけてみてください!



材料(4人分)

抹茶クリームプリン(材料)

抹茶 小さじ2(4g)
牛乳 100cc
生クリーム 100cc
マシュマロ 20個(65g)



作り方

抹茶クリームプリン(作り方1)

1. 牛乳、生クリーム、マシュマロを耐熱容器に入れ、レンジ600Wで1分半加熱します。



抹茶クリームプリン(作り方2-1)抹茶クリームプリン(作り方2-2)

2. 抹茶を入れて、マシュマロの形が完全になくなるまで、泡立て器などでよく混ぜます。



抹茶クリームプリン(作り方2-3)

泡立て器でマシュマロをつぶすように混ぜるのがポイント。
あれば茶こしを併用して、ダマが残らないようにきれいにマシュマロと抹茶をなじませます。



抹茶クリームプリン(作り方3)

3. 濃さが均等になるように器に少しずつ回し注ぎます。
お茶の美味しい淹れ方と同じです!



抹茶クリームプリン(作り方4)

4. 冷蔵庫で一晩冷やせば、抹茶クリームプリンの完成です。



抹茶クリームプリン(作り方5)

ワンコインショップなどで売っている容器に入れて冷やせば、そのまま手土産として持って行けます。
オリジナルシールを作って貼れば、まるでお店のプリンみたい♪



それぞれの抹茶の味の違いは・・・

抹茶クリームプリン(作り方6)

「抹茶プレミアム」は抹茶の程よい苦みが上品な甘さを際立たせ、
「加工2号」は甘さの中に抹茶のしっかりとした苦みが感じられ、
「加工5号」はグリーンティー特有の苦みと渋みで甘さ控えめに。



今回使用したお茶はコチラ↓↓↓

抹茶プレミアム攫霧の昔・鹿児島産抹茶加工2号・鹿児島産抹茶加工5号

手前から「抹茶プレミアム攫霧(かくむ)の昔」「鹿児島産抹茶加工2号」「鹿児島産抹茶加工5号」。
味はもちろん、質感・色合いがそれぞれ異なります。



抹茶プレミアム攫霧の昔 30g抹茶プレミアム 攫霧(かくむ)の昔●抹茶プレミアム 攫霧(かくむ)の昔 30g
1,000円(税込1,080円)
内容量:30g
粒子の細かい上質な抹茶は喉ごしなめらかで、苦みが少なく甘み・旨みが豊富。きめ細かい泡立ちで美味しくいただけます。

鹿児島産抹茶 加工2号鹿児島産抹茶 加工2号●鹿児島産抹茶 加工2号
1,000円(税込1,080円)
内容量:100g
抹茶特有のほろ苦い味わいが特徴。緑色が鮮やかで、風味を生かしたい料理やお菓子づくりなど加工用に適しています。

鹿児島産抹茶 加工5号鹿児島産抹茶 加工5号●鹿児島産抹茶 加工5号
1,000円(税込1,080円)
内容量:200g
飲食物の香りづけや色づけに最適。青々しい若葉のような風味で、甘さを抑えたいお菓子づくりにおすすめです。