お客様からの質問メール(簡単な湯冷ましの方法)

皆様はお茶を飲む時、お茶の種類によってお湯の温度を変えていますか?
ポットややかんから直接急須へ、という方も多いのではないでしょうか。

今回、湯冷ましをお持ちでないお客様より質問メールをいただきました。
湯冷ましがなくても、湯呑みさえあれば簡単にお湯の温度は調整できます(ついでに湯呑みも温められます!)。
お茶の種類に合った温度でいれると、本来の味わいがしっかり抽出されて
ますます美味しいですよ。



お客様からの質問メール

煎茶の「華」が好きでよく飲んでいたのですが、最近「玉露プレミアム」の美味しさにハマっています。
玉露は冷ました湯でいれると美味しいと聞きますが、湯冷ましを持っていないのでポットの湯をそのままいれてしまいます。でも、これってもったいない!ですよね。
お茶屋さんでいただくような旨味の濃い玉露が飲みたいので、いい方法はないでしょうか。


ご質問、ありがとうございます。

お湯の温度は、それぞれのお茶の美味しさを引き出す重要なポイントです。
煎茶の適温は80度〜90度、上煎茶や玉露は50度〜60度の低温でいれると旨味成分が抽出されます。
下記に、湯呑みを使った簡単な湯冷ましの方法をご紹介するのでぜひ試してください。


湯呑みを使った湯冷まし方法(1杯分)

簡単な湯冷ましの方法1(90度)湯呑みを2つ用意して、1つにポットのお湯(100度)を入れて90度にします。

簡単な湯冷ましの方法2(80度)もう1つの湯呑みにお湯を移します。
一度移すごとにお湯の温度は10度下がるので、この時点で80度
煎茶「華」などを飲むときは、この後、急須にお湯を入れます。


簡単な湯冷ましの方法3(70度)また元の湯呑みに移して70度にします。

簡単な湯冷ましの方法4(60度)もう一度移して60度にすれば玉露をいれる適温です。

簡単な湯冷ましの方法(玉露)玉露プレミアムの茶葉を入れた急須にお湯を移し、ふたをして約2分待てば美味しい玉露がいただけます♪