飛梅飛梅(とびうめ)
「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」
菅原道真が大切にしていた庭の梅の木が主を慕って太宰府にまで飛んで行ったという故事にちなんだ梅のお菓子。新春に凛として咲く様子を白餡で表現しました。中にはゴマ入りの粒餡が入っています。


春の寿ぎ春の寿ぎ(はるのことほぎ)
新年に長寿を願う儀式「歯固めの儀式」のために作られていた「花びら餅」を、当店では餅の替わりに白あんで仕立てました。砂糖で煮たゴボウを味噌あんで包み、さらにピンクの餡、白餡を重ねました。ほんのり透けた紅色が新春に似合うお菓子です。