感謝です最近、うれしいことがあります。
それは、和カフェ「桜の詩」に、少しずつ馴染みのお客様が増えてきたこと。通りがかりにふと立ち寄られた方、情報誌を見て訪ねてきてくださった方々が、その後も足を運んでくださっているのです。落ち着いた年代の方はもちろんですが、若い方々も日本茶を楽しんでくださるのもうれしい限り。ある若い女性のお客様は、月替わりの和菓子を心待ちにしてくださっています。先日、月末ぎりぎりに「今月のお菓子を食べていなかったので・・」と駆け込んできてくだったときには感激しました。こんなに楽しみにしてくださってる方がいると思うと、新作にも力が入ります。
季節は秋。木の葉散る季節ですが、「桜の詩」には新しい出逢いの芽吹きが感じられる今日このごろです。