焙緑とろふる 「一度食べたら忘れられない、究極の抹茶スイーツ」ってご存じですか? 池田製茶の和カフェ「桜の詩」で、お客様に大変喜んでいただいているのが、その究極の抹茶スイーツ『抹茶モ・ヴレ』(抹茶大福)と『抹茶ろふる』(抹茶ロールケーキ)です。これは、愛媛在住の“Mr.抹茶マン”という異名を持つ抹茶達人が、「日本一の抹茶スイーツを作る!」という目的で開発した逸品。石臼挽きの宇治抹茶や和三盆(砂糖)、産みたての新鮮卵など、徹底的にこだわりぬいた材料を使い、研究に研究を重ねて作られています。上品な抹茶の香りと和三盆ならではの優しい甘さ、考え抜かれた食感など、どれをとっても素晴らしい!のひとこと。通常は他店にはなかなか卸さない品らしいのですが、当店スタッフがこのスイーツ開発前からMr.抹茶マンさんに注目しており、ずっとラブコールを続けた熱意を認めていただいて、鹿児島で唯一扱うことを認めていただいたものです。

抹茶ろふる福岡で開催中のロールケーキ博覧会出品
 「桜の詩」のお客様は、落ち着いた雰囲気の大人の女性が中心で、美味しいものにお詳しい方も多くいらっしゃいます。カフェカウンターでも、グルメに関する話題が出ることが多いのですが、そんな食通の方々もこのスイーツの美味しさは絶賛してくださいました。一つ一つの素材の良さを生かしきるように丁寧に作り上げられた味はまさに感動! カフェがオープンしてまだ1ヶ月ですが、「またあのケーキが食べたくなって…」と通ってくださるお客様もいるほどです。そういえば、この『抹茶ろふる』は、全国から選りすぐりのロールケーキが並ぶ「ロールケーキ博覧会」にも選ばれたとか。スタッフが自信を持ってお薦めする究極の抹茶スイーツを美味しい日本茶とともにぜひ一度味わってみてください。

※喫茶メニュー
 「抹茶モ・ヴレ」「抹茶ろふる」…各300円