90dfe1fe.jpg新ブランド?「マイ緑茶」

 立秋も過ぎ、この暑さももうちょっとの我慢というところですね。この夏は、あまりの暑さに1日に何回も自動販売機に走っては冷えたジュースをゴクゴクゴク…という方も多かったのではないでしょうか? ひと昔前までは、自動販売機にあるのはコーヒーか甘い炭酸飲料と決まっていたものですが、近年のブームで自動販売機やコンビニエンスストアには必ずお茶が定番として入るようになりました。各社工夫を凝らして、さまざまな味わいのお茶を出していますが、池田製茶がお薦めするのは「マイ緑茶」。
 「マイ緑茶」なんてブランドあったかな? と首をかしげられるかもしれません。これは、自宅で手作りするペットボトルのお茶という意味です。
粉茶いつでも冷え冷えのお茶が…

 「マイ緑茶」の作り方は、とても簡単。空になったペットボトルに半分だけ濃いめのお茶を入れて冷凍庫で凍らせておき、翌朝にそのペットボトルの氷に水を注ぐだけでで出来上がり。こうすれば少しずつ氷が溶けて、飲む度にひんやりしたお茶を楽しむことができるという訳です。
 この濃いめのお茶を作るときにお薦めなのが、池田製茶のオリジナル商品「粉末緑茶」。お茶を葉っぱごと細かく粉砕したもので、コップにこの粉末を入れてお湯を注ぐだけでさっと溶け、濃くて美味しい緑茶を作ることができます。カテキンやビタミンCなどのお茶の栄養素がそのまま摂取でき、茶柄も出ないので便利だとまとめ買いされるお客様も多い、隠れたヒット商品なのです。御家庭用はもちろんですが、事務所や飲食店でも、美味しさと手軽さで多くの方にご愛用いただいています。

幸せは毎日のお茶から!?

 この粉末緑茶を使った「マイ緑茶」を愛用している一人が、三越鹿児島店でお茶を販売しているスタッフの山形尚子。入社前はあまりお茶を飲んでいなかったという山形ですが、入社以来お茶の美味しさに目覚め、以来3年間は朝昼晩お茶ばかり。日本茶アドバイザーの資格もとるほどのお茶好きになりました。もちろん今年の夏もペットボトルに手作りした「マイ緑茶」で、冷た〜い緑茶を楽しんでいたようです。
 (社内のことで恐縮ですが…)その明るい笑顔でお客様に大変可愛がって頂いていた山形が、この度結婚が決まり、寿退社することに。共に働く者としては寂しいというのが本音ですが、お祝事なので笑顔で送りだすとしましょう。「お茶を飲む時間がなによりくつろぎます」というほんわかした笑顔を見ていると「幸せは毎日の日本茶から!!」という気分にもなってきます(笑) 女性のみなさん、お茶を美味しく飲んで心穏やかに…。そうすれば幸せはすぐそばにあるかも、しれませんよ。

関連リンク
粉末緑茶
粉末玄米茶
粉末ほうじ茶