市場からお茶を仕入れることができる茶商ならではのお茶に関するブログです。

市場からお茶を仕入れることができる茶商ならではのお茶に関するブログです。

緑の雫(みどりのしずく)緑の雫(みどりのしずく)
草木の葉から、初夏の緑を写しながら落ちる雨の雫を表現しました。

青梅(あおうめ)青梅(あおうめ)
梅の実が実る頃に降る雨ということで名付けられた「梅雨」。梅雨の時期に青々と大きく実った梅の実を表現しました。

fa3102a8.jpg 梅雨本番ですが、みなさんは雨はお好きですか? 梅雨は日本の四季には欠かせない風物詩。「ちょっぴり憂鬱…」なんて言わないで、前向きに楽しんでしまいましょう。
 外へ出られなくなったら、ここはひとつお部屋で心穏やかにティータイムなんていかがですか? こんな日は、いつもは慌てていれてしまっている日本茶をゆっくりゆっくり楽しむのもいいもの。お湯を丁寧に湯冷ましして、茶葉の旨味成分をじっくり抽出。美しい水色を愛でながら、深い味わいを堪能しましょう。「雨のおかげでこんなに美味しいお茶が飲めて、シアワセ…」なんて気持になれたら、いいですよね。

日本茶アドバイザーおすすめの音楽
 ゆっくりしたティータイムに、すてきな音楽があればもっと楽しい。そこで、池田製茶の日本茶アドバイザー3人が薦める、日本茶タイムに合う音楽をご紹介します。まず、池田裕司は、ステレオラブの「ping pong」やオレンジペコーの「Bottle」など。中文子はなんとオペラ蝶々夫人の中から「ある晴れた日に」、そして池田智志は、RAMONESの「Do You Remember Rock’n Roll Radio?」やNOFXの「Stickin in my Eye」などのロックンロール! うーん、どうもバラバラのラインナップ…(笑)。つまり、「心地いいティータイムは自分の好きな音楽を聞いて楽しむのが一番!」という結論に落ち着きました。みなさんも、美味しいお茶と好きな音楽で、梅雨の日本茶タイムを楽しんでくださいね。

「牡丹」風薫る5月。新緑が目に美しい爽やかな季節がやってきました。日本茶カフェ「桜の詩」でも、初夏に似合う和菓子の「牡丹」と「落とし文」をお出ししています。
中国では”王の花”と呼ばれ、富貴という花言葉を持つ「牡丹」。艶やかでありながら、みずみずしさもある花の姿を表現しました。


「おとし文」「落とし文」は、葉っぱをくるりと巻いたような姿がユニーク。葉を巻いてその中に卵を産む虫の仕業が、手紙を書いて人目につくところにわざと落としておく「落とし文」に似ているということで、つけられたそうです。道端に落ちている葉っぱを手紙に例えるなんて、昔の日本人の感性の細やかさには感心してしまいますね。
葉っぱの中身は、つぶあんとすりゴマ。美味しい新茶と共にお召し上がりください。



「茶香炉」五月病は日本茶でリフレッシュ!

5月といえば、春から始まった新生活にも慣れてきたころ。一方で「なんだかやる気がでないな」「だるいな〜」という方もいらっしゃるのではないですか? そんなちょっぴり五月病気味の方は、日本茶でリフレッシュ。眠気がとれない・・・という方には、「上煎茶」や「玉露」など、カフェインの多いお茶がお薦めです。ぬるめのお湯でじっくり旨味を出すのが一般的ですが、カフェインをより多く抽出したいなら少し高めの温度でいれてみては? 苦渋味は強くはなりますが、目覚まし効果は抜群です。
また、ゴールデンウイークの疲れを癒したいなら、お部屋で茶香炉の香りを楽しむのもお薦め。特に、番茶の茶葉を使用すると、香炉の熱で葉が焙じられるので、香りを楽しんだ後には自家製焙じ茶として飲用することもできます。ただし、茶香炉は安全性の高いものを使用し、火災にならないように目を離さないよう御注意ください。

「しぼり桜」 若草色とピンクが華やかな「しぼり桜」と、はんなり桜色のお餅の晴れ着に身を包んだ「花ごろも」。池田製茶の日本茶カフェ「桜の詩」の4月の上生菓子です。「しぼり桜」は、桜が蕾から花になり、葉桜へと変化していく春の訪れを表現したもの。「花ごろも」は、春を代表する桜を晴れ着に見立てたロマンチックなものです。

「花ごろも」どちらも春の気分が満喫できる優しいお菓子に仕上がりました。「桜の詩」では、御注文いただいてからカウンターでお作りいたしますので、できたての美味しさを楽しんでいただけます。若々しい香りの新茶と一緒にいかがですか。
※和菓子…各300円



「抹茶モ・ヴレ」と「新茶」のセット新茶と抹茶大福「抹茶モ・ヴレ」を母の日に♪
 5月ももうすぐ。いつもお世話になっているお母さんへの感謝を表す「母の日」は、今年は5月14日。池田製茶では、甘いものが大好きなお母様に喜んでいただける、とっておきのギフトを作りました。それは、愛媛の抹茶達人“Mr.抹茶マン”が作った究極の抹茶大福「抹茶モ・ヴレ」(8個入)と若々しい香りと柔らかな旨味の「新茶」(100g×2)のセット。価格は3360円。とろりとクリーミーで濃厚な美味しさの「抹茶モ・ヴレ」と香り高く爽やかな新茶の風味は相性抜群! 鹿児島では池田製茶だけでしか手に入らない品ですから、「エッヘン」と胸を張ってプレゼントできますよ。遠方の方はクール便でのお届けも承ります(送料別途)。お気軽にお問い合わせください。

茶畑 江戸の俳人・山口素堂も「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と、季節の訪れを五感で楽しむ喜びを詠っています。新茶を心待ちにするのも、いわば初物を楽しむことと同じこと。旬に関係なく一年中様々な物があふれている時代ですが、四季を楽しむ日本人の感性を忘れてしまわないように、新茶の香りを愉しみ、初夏の茶畑の風景に思いをはせる時間を持つのもいいかもしれませんね。



新茶走り新茶が発売中です!
 瑞々しい香りと美しい水色の「新茶」が今年もいよいよ発売になりました! 温暖な気候に恵まれた鹿児島は、日本一早い「走り新茶」が登場する地域でもあります。その中でも、4月中旬までの「大走り新茶」は、走り茶の中の走り茶、まさにトップランナー。種子島などで生産された柔らかい若芽を、この大走り新茶としてお届け致します。今年は、天候や条件に恵まれ、新茶の出来も上々。4/19までに御予約の方は、予約特価でご紹介しております(下記参照)。ぜひ、この機会にフレッシュな季節の便りを味わってください。



商品のご紹介
※予約特価は、4/19までに御予約の方が対象となります。
※予約していただいた新茶の発送は4月20日以降になります。

● 新茶
新茶100g100g 1本入 1,050円(予約:934円)
100g 2本入 2,205円(予約:1890円)
100g 3本入 3,360円(予約:2835円)
100g10本入 10,500円(予約:8925円)



● 新茶
新茶100g100g 1本入 1,575円(予約:1417円)
100g 2本入 3,360円(予約:2835円)
100g 3本入 4,935円(予約:4200円)
100g10本入 15,750円(予約:13440円)



● ギフト
初摘み新茶さつまやぶきた(吟)
初摘み新茶さつまやぶきた(吟)
80g×3本 化粧箱入 3465円(予約特価3150円・全国送料無料)

焙緑とろふる 「一度食べたら忘れられない、究極の抹茶スイーツ」ってご存じですか? 池田製茶の和カフェ「桜の詩」で、お客様に大変喜んでいただいているのが、その究極の抹茶スイーツ『抹茶モ・ヴレ』(抹茶大福)と『抹茶ろふる』(抹茶ロールケーキ)です。これは、愛媛在住の“Mr.抹茶マン”という異名を持つ抹茶達人が、「日本一の抹茶スイーツを作る!」という目的で開発した逸品。石臼挽きの宇治抹茶や和三盆(砂糖)、産みたての新鮮卵など、徹底的にこだわりぬいた材料を使い、研究に研究を重ねて作られています。上品な抹茶の香りと和三盆ならではの優しい甘さ、考え抜かれた食感など、どれをとっても素晴らしい!のひとこと。通常は他店にはなかなか卸さない品らしいのですが、当店スタッフがこのスイーツ開発前からMr.抹茶マンさんに注目しており、ずっとラブコールを続けた熱意を認めていただいて、鹿児島で唯一扱うことを認めていただいたものです。

抹茶ろふる福岡で開催中のロールケーキ博覧会出品
 「桜の詩」のお客様は、落ち着いた雰囲気の大人の女性が中心で、美味しいものにお詳しい方も多くいらっしゃいます。カフェカウンターでも、グルメに関する話題が出ることが多いのですが、そんな食通の方々もこのスイーツの美味しさは絶賛してくださいました。一つ一つの素材の良さを生かしきるように丁寧に作り上げられた味はまさに感動! カフェがオープンしてまだ1ヶ月ですが、「またあのケーキが食べたくなって…」と通ってくださるお客様もいるほどです。そういえば、この『抹茶ろふる』は、全国から選りすぐりのロールケーキが並ぶ「ロールケーキ博覧会」にも選ばれたとか。スタッフが自信を持ってお薦めする究極の抹茶スイーツを美味しい日本茶とともにぜひ一度味わってみてください。

※喫茶メニュー
 「抹茶モ・ヴレ」「抹茶ろふる」…各300円

和カフェ「桜の詩」店内 池田製茶天文館本店が、和カフェ「桜の詩」を併設してリニューアルオープンして約2週間が経ちました。口コミやご紹介により、少しずつお客様も増えてきました。日本茶カフェだからでしょうか、お客様は落ち着いた大人の方が多く、店もとても穏やかでほっとできるようないい雰囲気になっています。
 「賑やかなカフェには行きづらいけど、ここはとても落ち着くわ」とか、「日本茶にもこんなにいろいろな楽しみ方があったのね」などなど、たくさんの温かい御意見をいただき、スタッフ一同喜んでおります。
 「桜の詩」は、現段階、メニューは、飲み物は6種類、お菓子は4種類しかありません。それは、自信を持ってお薦めしたい商品だけを厳選したら、自然と数が絞り込まれていったからなのです。だから、ご紹介しているものは、どれを飲んでいただいてもそれぞれに味わいをきちんと楽しんでいただけるものだと思っています。では、それぞれのメニューについて、少しだけご紹介させていただきます。天文館に来られた際は、お気軽にお立ち寄りいただき、日本茶の新しい世界を味わっていただけたら幸いです。

続きを読む

温かい気持ちを贈ろう

 いよいよバレンタインデーの季節です。ショップやデパートには、ひと粒数百円の超高級品から、思わずクスッと笑ってしまうユニークなものまで、趣向をこらしたチョコレートがいっぱい。慣習化したバレンタインデーに「儀礼的なコトは止めよう!」など、とやかく言う向きもあるようですが、ここはそんな難しいことは抜きにして、大切な方々に温かい気持ちを伝えるチャンスと思い、チョコレートを贈りたいものですね。続きを読む

04.jpg1日200杯の出逢いに感謝
 池田製茶は、天文館本店のほかに、三越鹿児島店、ダイエー谷山店にも売り場を設けています。今回は、明るい接客が好評いただいている三越鹿児島店をご紹介します。売り場では、常連のお客様はもちろん、まだ池田製茶のお茶を味わったことがない方のためにも、いつもいれたてのお茶を準備してお待ちしています。その数なんと1日200〜300杯。これだけの方に出逢い、私たちのお茶を味わっていただいている…。本当にありがたいことだと感じています。続きを読む

このページのトップヘ

池田製茶株式会社

http://www.seicha.net/携帯・スマートフォン対応

池田製茶オンラインショップは、
携帯電話・スマートフォンからもご利用いただけます。
http://www.seicha.net/